馬場亨法律事務所


馬場亨法律事務所|コラム散歩道

コラム散歩道


紫稲荷大明神
2012/03/11

紫稲荷大明神広瀬通りを北へ越えて、昔、東北劇場があった当たり・・もしかしてもう一本北の通りだろうか・・晩翠通りと東西に交叉する横丁を西へ向かう。

すると、ビルとビルに挟まれて突如左手に現れるのが「紫稲荷大明神」だ。好きこのんでビルに挟まれているわけではないだろう。立町当たりも、ビルが林立するようになり、いつの間にか肩身の狭い立場になってしまったに違いない。

こんなところに「紫稲荷大明神」などと、妙に、艶っぽい名前を付けられた社があるのはどういう訳だ。・・と考えてみる。

晩翠通りは昔、というか、我々が学生の頃は「細横丁」と言われていた。細くはないのに「細横丁」とこれ如何にとは、仙台に住み始める当初に誰でもが思う疑問であった。何時の頃か、「晩翠通り」と名称を変えられてしまったので、最近の学生はそんな疑問を抱かないだろう。

その昔、おそらく、仙台がアメリカの空襲で焼け野原になる前のことだろうが、細横丁は細い通りであったそうな。そこで「細横丁」と言ったそうだ。

昭和40〜41年の頃だから、遠い記憶の彼方だが、まだ、大学の教養部の学生だった頃、教官が、授業の雑談で、細横丁には遊郭があったと話して聞かせてくれたことがある。学生が遊びに行って金がなくなり帰られなくなって、大学の先生が学生を受け戻しにいったこともあるなどという話が伝えられていた。

本当の話か教官が学生を面白がらせるための作り話であったのかどうかは、私にはわからない。しかし、「紫稲荷大明神」なんて、色街でもあったからこその社の名称ではないかと思わせる。

今、ビルが建ち並ぶ街並みには昔を偲ばせるものはないように思う。しかし、ちょっと前までは有名な料亭もあったのだから、紫稲荷大明神は、街の商売繁盛を願う人々のお参りの対象だったことは間違いないだろう。


このページの先頭へ

コラム散歩道メニュー


馬場亨法律事務所

仙台市青葉区一番町2丁目
10-26-1103

TEL.022-266-3976
FAX.022-266-3916


地図


法律相談ご希望の方は来所日時を電話でご予約下さい。相談時間は平日の午前10時から午後6時までとなります。




馬場亨法律事務所
仙台市青葉区一番町2-10-26-1103 / TEL.022-266-3976
Copyright© 2007-2010 Toru Baba Law Office. All Rights Reserved.
Validated XHTML 1.0 Transitional + Validated CSS
counter